日本臨床内科医会 - Japan Physicians Association

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5東京都医師会館4階
TEL: 03-3259-6111 FAX: 03-3259-6155
研修推進委員会事務局 TEL: 03-3259-6114
業務時間は土日・祝日を除く月曜日から金曜日の10:00 〜 17:00です

会長挨拶

saruta_kaicho.jpg
日本臨床内科医会 会長
猿田享男

日本臨床内科医会は、内科領域の学問的研究、臨床および教育で長い歴史をもつ日本内科学会とは別に、1985年に臨床内科医学体系の確立を志し、内科診療を通じて国民医療の向上を期することを目的に結成されました。その日的を達成するための事業として、主として以下のことが挙げられています。

  • 臨床内科学に関する調査研究、発表ならびに知識の普及
  • 保険医療の改善、向上ならびに介護保険制度の検討
  • 地域医療の推進
  • 公益事業
  • 学会の開催および生涯研修の実践
  • 会誌の刊行と広報
  • 会員相互の親睦ならびに地域向上に関する事項
  • 国際協調
  • その他

これらはいずれも重要な事項ですが、国民から強く求められておりますのは、最新の医療を安全に提供することであります。

日進月歩の医学・医療の研鎖に努め、これに応えるのが専門集団としての義務であります。私どもは、お互いに切磋琢磨する心を持ち続け、日本の医療の向上に努力していきたいと思っています。そのために本会には研修制度を設け、認定医・専門医制度を整備充実させてきました.

本会ではこれまでに、実地医家のための日常臨床の手引きとして「内科診療実践マニュアル」を発刊しました。これは診療の時系例に沿って分かりやすく解説し、内科医が知っておくべき他科の知識も網羅したもので、臨床内科医が座右の書として活用できるものです。
また私どもは臨床内科学へ貢献する調査研究として、糖尿病性神経障害の調査、高齢者高血圧の降圧目標値のための研究等を行い、高い評価を受けました。現在アスピリンによる動脈硬化疾患の予防に関する研究が進行中です。さらに日本で流行するインフルエンザ研究はすでに10年間の実績を有し、大変注目されております。

最近では、日本臨床内科医会の強みを生かし、日常生活習慣と疾患の関連について4万例に及ぶ大規棋調査を実施致しました。このような生活習慣と組み合わせた調査は従来になく、臨床内科学への大きな貢献になると思われます。

地域医療に関しては、僻地・離島あるいは地城において、住民の皆様に密着した地域医療に永年従事し、優れた功績を挙げ、地域住民の健康増進に著しく貢献してこられた会員を表彰しております。

この10数年、日本の臨床医学はかなり変ってきています。国民に最良の医療を提供するため、EBMに基づく診療が重視され、そのエビデンスの作成のため、多くの大規模臨床試験が実施されています。日本内科学会もこれまで以上に臨床を重視し、一般会員の生涯教育に力を入れています。医師の卒後研修制度にも大きな変化が見られます。すなわち医学部卒業後臨床医学を志す者に、2年間の卒後臨床研修が義務付けられたことです。卒業後2年間の臨床研修を行うことにより、若い方々の考えも変り、2年後の後期研修も大学に戻らず、臨床の優れた病院で働くことを希望される方が増加してきています。日本臨床内科医会は、内科臨床に励まれる方々に開かれた有意義な組織であり、皆様の入会をお待ちしております。