インフルエンザ診療マニュアル頒布のお知らせ

influ2018-2019

一般社団法人 日本臨床内科医会 会長 望月紘一

日本臨床内科医会は、2000-2001年のインフルエンザシーズンから全国各地の会員が参加するインフルエンザ研究班を組織し、オンライン集計を活用した多施設共同研究を継続してきました。その成果は、多数の英文論文にまとめられ、また2006年からはインフルエンザ診療マニュアルとしても毎年公表されています。途中、抗インフルエンザ薬耐性ウイルスA(H1N1)の性状を明らかにするなど、基礎と臨床のデータをリンクさせる数少ない臨床研究として国内外で注目されてきました。
さて、2020-2021年シーズンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るい、その傍らインフルエンザの流行がほぼみられない、近来まれにみるシーズンでした。その原因として、COVID-19の感染予防策として多くの人々がマスク装着や手指衛生を心掛けたため、あるいはウイルス干渉によりインフルエンザ感染が抑制された、など様々な仮説があるものの、その詳細はまだ明らかではありません。果たしてインフルエンザは消滅したのでしょうか。否、今後、突然インフルエンザの流行が発生する可能性は十分あるでしょう。従来、季節性インフルエンザの流行は毎年異なった様相を呈するため、最新の情報をもとに流行するウイルスに応じた的確な診断と、合併症も含めた正確な治療が求められます。当会は、今後も引き続きインフルエンザ流行の再来を想定し、この臨床研究を継続します。
この度、インフルエンザ診療マニュアル2021-2022年シーズン版(第16版)発刊の運びとなりました。これまでのインフルエンザ研究成果に加え、COVID-19に関する最新情報,特に変異ウイルス株やワクチンについて詳細がまとめられています。一般臨床の最前線にある実地医家によって永年継続されているこのインフルエンザ調査研究は、世界に類をみない貴重な存在であると思われます。その集大成であるこのインフルエンザ診療マニュアルを、日常診療で活躍されている先生方の感染症診療に役立てていただけることを切に願っています。

ご希望の方には、一冊¥700(消費税別)で頒布しておりますので、ご連絡ください。

申込用紙はこちら